対面式キッチンで生まれる会話。ご家族の住み替えに「中古フルリノベーション」のご提案

お子さんのご誕生やご成長にともなって現在のお住いが手狭になると、より広いお部屋を求めて、住み替えをご検討されるご家族が増えてきます。

100平米ほどの広さを持つ新築を希望される方が多いですが、都心部でそれだけの広さを持つ新築の数は非常に少ないのが現状です。

そんな時にオススメしたいのが、中古物件です。新築に比べて都心部でも物件数が豊富で、価格を抑えることもできます。

「でも、中古って実際どうなの…」と心配されるかもしれません。でも、ご安心を。
築20〜30年ほどのマンションでも、フルリノベーションをすれば新築物件と見間違うほどのデザインと住みやすさを実現できます。

独立したキッチンから、見せるキッチンへ

実際に当社が中古マンションのリノベーションを行った事例を見てみましょう。

東京都新宿区にある築30年ほどのマンションに住むO様ご家族。キッチンは独立式のためリビングとの間に隔たりがあり、「家族一緒に」という生活がしやすい間取りではありません。

〈施工前後の間取り〉

このように、中古マンションでは、間取りがネックになることがあります。

独立式キッチンが主流だった時代には、「家事を見せない」との考えがあり、部屋のつくりもそれに沿ったものでした。

完全に仕切られている空間ですと、ご家族とのコミュニケーションが取りづらく、なんとなく明るさも抑えられてしまうので、閉鎖的な空間になってしまいがちです。

けれども、ファミリー層の多くは、ご家族でいつでも意思疎通がとれる環境をお望みです。

・お子様が宿題しているのを眺めながら、晩御飯の準備をしたい
・食事の時間がずれて帰ってくるご家族とも、お話ししながら家事をしたい
・ちょっと手伝ってほしいときに声がけしやすい

こうしたO様の願いを実現するため、当社はこちらのパースのようなデザインをご提案しました。

キッチンとリビングの間にある壁を取り払い、オープンなつくりに。ちょっとした時間にもコミュニケーションをしやすくなりますね。

また、今回のO様邸のように、手元がちょうどよい高さで隠れるキッチンは、お客様の来訪時に中までは見えづらくするほか、LDKをすっきりと見せられるのもメリットです。

対面式キッチンで家族団欒を実現

この後、何度もデザイナーともお打合せを重ねて、よりO様のイメージを細かく詰めていきました。

最終のお打合せパースがこちらです。

造作家具や、タイルのイメージも入れ込み、より具体的な仕上がりをご想像いただけるようにしました。

実際の出来上がりのお写真です。

キッチンからリビングへの動線がつながり、視界が広がったことで、奥様が希望されていた「家事をしながら家族とコミュニケーションが取れる住まい」を実現しました。

ダイニング側には書類などが入る収納棚を設置。ちょっとしたアイテムをすぐに収納できるので、散らかりがちなキッチン、テーブル周りをすっきりと保つことができます。

キッチンとリビングの間にある壁には、アクセントウォールを設けました。これによって、お部屋に奥行きが感じられ、広々とした印象を演出できます。大きめのソファを置いても、空間にゆとりを感じますよね。

リビングのタイルは、代官山にあるショールームで使用しているもの。O様が気に入ってくださったため、内装用のデザインタイルとしてご提案しました。フロアタイルは実際にお住まい頂いてからも「子どもが食べ物をこぼしてしまってもサッと拭きやすくお手入れがしやすい!」と奥様からもご好評をいただいております。

女性デザイナーが、内装や素材を細かくご提案

ご家族みんなが過ごすリビングは、このような仕上がりに。

イタリア調のタイルはヨーロッパ建築の風格が漂います。本格的なサウンドシステムを採用し、リビングで映画や音楽をお楽しみいただけるようにしました。モノトーンのスタイリッシュなコーディネートが、高級感を増してくれます。

O様ご家族のリノベーションは、女性デザイナーと共に創りあげたもの。奥様からも「内装の色や素材、インテリアなど迷った時に一緒に考えて様々な提案をしてくれた」という嬉しいお声をいただきました。女性だからこその視点が生かされたリノベーション事例です!

予め間取りやデザインが決まっている新築と違い、中古物件のフルリノベーションでは、お客様のご要望で自由な間取り、デザインを実現できる、というメリットがあります。

消費増税後のリノベはお得!?

これから中古物件を購入し、リノベーションを行う方にぜひ覚えておいていただきたい制度があります。2019年10月の消費増税に合わせて始まる「次世代住宅ポイント制度」です。

この制度は、消費税が10%に上がる「2019年10月1日以降」に、一定の性能を有する住宅を購入、リフォームする人に対してポイントを付与するものです。獲得したポイント数によって、「省エネ」や「家事ラク」、「子育て」についてのアイテムと交換できます。

ポイント対象となるリフォームには、若者・子育て世帯(※)が中古物件を買い、条件を満たした改修も含まれています。

(※)「 若者世帯」:2018年12月21日時点で40歳未満の世帯。
「子育て世帯」:2018年12月21日時点で18歳未満の子を有する世帯、または申請時点で18歳未満の子を有する世帯。

また、中古物件の購入に際しては、当社の提携銀行をご紹介しています。当社の専門スタッフがファイナンシャル面でのご相談にもお乗りしていますので、お気軽にご相談ください。

 

関連記事一覧