ハウスメーカー戸建リノベーションvol.9 解体現場確認&電気工事お打合せ

6月初旬から解体工事が着工した、都内の2世帯ハウスメーカー住宅の戸建リノベーション。現場で施主様とのお打合せをしました。

電気も宅内に引き込んだところから配線を変えるので、天井などもほぼスケルトンの状況になっています。

大手ハウスメーカーさんの住宅は、本当に構造がしっかりしています。躯体がしっかりとしているので、構造上動かせない場所も少なく、フルスケルトン工事もとても施工しやすいです。

ユニットバスの設置担当社さんと、お風呂のリモコンの設置位置の確認中です👀

鉄骨造の骨組みが露わになって、懐(上階の床スラブ下端と、天井との間の空間のこと)も全て見えるので、「天井が高くて開放感がある!」と施主様と盛り上がりました。

天井裏には、約20年前に新築された際の棟札がでてきました。

和室の床には掘り炬燵があったので、こんな風になっていました。「子供のころ、ここによくものを落としたな~」と施主様が懐かしんでいました。

リノベーションの魅力は、たくさんの思い出がある建物すべてを壊さずに、長く使い続けるメンテナンスしていくことでもありますね。

現場では、解体後の基礎や床下等の現況のご説明と、コンセントや電気設備についての確認作業をしました。デザイナーも同席して、先日ショールームにてお選びいただいたアクセントカラーの範囲や、ブラックのコーディネートをした場所には、コンセントも黒いものをチョイス。

これから大工さんの造作工事に入っていきます。
 お打合せ後に墨出し(仕上げ工事の前に、建物の柱の中心線や床・壁の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線を構造体などにしるすこと)をする現場監督。

わたしもお掃除をお手伝いして、今日は完了です!

ハウスメーカー戸建リフォーム**デザイナーとのお打合せ モノトーンコーディネートvol.2ハウスメーカー戸建のリノベーション。建築デザイナーとのお打合せについて。ブラックで統一したアイランドキッチンをポイントにしたLDK。元々、リビングとダイニング、和室は全て仕切られた空間でした。20年ほ丁寧な暮らし・住まいをつくるギャラリー | アグレデザインオフィス代官山建築デザイナーが手掛けたデザイン事例をご紹介。都心であることを忘れさせる上質で洗練された生活空間をご覧ください。agr-design.com

関連記事一覧