《施工について》細かいところもチェックします

仕上がりに影響するボードや下地の状態は、念入りにチェックします。

懸念される事項は事前に施主様にきちんとご説明し、

デザイナーと施工担当者でより良い仕上がりに向けて打合せしています。

仕上がりを確認するために、マスキングをする現場監督↓

間違いがないように、スケールできちんと施主様にみていただき、
位置やご希望を確認します。

ドアの蝶番の調子が悪いのも、きちんと直します。

やはり、バブル期に分譲された広さのあるマンションは、
今は製造していない、しっかりとした建材も多いので、
使えるものは大切に、使い続けたいですね。

関連記事一覧